三栄商事 後藤正幸社長のわくわく教室

名古屋の老舗機械商社の三栄商事(株)代表取締役 後藤正幸の社長塾ブログです。

「SAN-EI わくわく チャレンジ」をベースに、三栄商事の未来について一緒に話し合いましょう!

タグ:常務ブログ

後藤社長、石口常務が自ら書いた記事です。

社長ブログ|大切にしていきたいこと (2021/1/26更新)
トーホーエンジニアリングのチャレンジ(2020/12/25更新)
最近感じた社内のちょっとした変化(2020/11/26更新)
常務ブログ|激動の2020年もあと少し(2020/11/6更新)
継続は力なり(2020/9/29更新)
社長の想い(2020/4/10更新)
新年明けて思うこと(2020/1/20更新)
問題解決というけれど、そもそも「問題」って何だろう?(2019/11/11更新)
わくわく教室について考えてみました(2019/09/30更新)
誠実について~第6回わくわく教室(2019/09/16更新)
社長の仕事~第5回わくわく教室(2019/09/04更新)
経営理念とは?~第4回わくわく教室(2019/8/19更新)
第3回わくわく教室~社長が考える提案営業とは(2019/7/15更新)



 

激動の2020年も早いものであと1週間を残すのみとなりました。今年は新型コロナウイルスの影響で世界中が大きく揺れ動き、各国や企業のリーダーたちは難しい判断を迫られる状況がたくさんありました。
三栄商事やグループ会社も同様に様々な状況に直面し、その都度考えて決断をして来ました。そんな時に無意識にせよ意識的にせよ判断の基準としてあったのは経営理念だったと思います。この難しい状況は来年もまだまだ続きそうですが、皆さんも三栄商事社員としてのこの判断基準(経営理念)をしっかりと身につけていって下さい。

さて、今回は私としては2回目のブログ配信になりますが、最近はプロキャストの引継ぎに多くの時間を使っているため三栄商事のグッドアクションではなく、これまでトーホーエンジニアリングが取り組んできた仕事の中からグッドアクションを紹介します。

1.トラブルが起きたプロジェクトの対応

昨年の春頃ですが、とあるプロジェクトでトラブルが発生し設備を再製作せざるを得ない状況になりました。その際、選択肢としては2つありました。一つは技術力のある会社に全面的に入ってもらい対応してもらう方法、もう一つは外部の協力を得ながらも自分たち主導でこの設備の再製作に取り組む方法でした。
当時、TOHO社内に技術力の高いメンバーがいない状況でしたが、社内で協議した結果、敢えて難易度の高い後者を選択することにしました。それはこの再製作プロジェクトに自社主導で取り組むことで、炉の製作に関する技術や知識、経験を身に付けていこうと考えたからです。
その後、多くの困難はありましたが、なんとか再納入することができ徐々にですが、お客様の信頼も回復しつつあります。高い授業料とたくさんの苦労はありましたが、自分も含めてメンバーの経験値は上がり、多くの知識が得られ、社外の技術者とのネットワークも構築することができました。

《該当する行動理念》
5.「できない理由」を言う前に、できる方法を考えよう。
6.新たなことへ常にチャレンジし、自分自身を成長させよう。
7.あきらめずに最後までやり抜こう。

2.T社でのチャレンジ

こちらも昨年の話になりますが、車の燃費や排ガス試験等で使うLTG社製のシミュレーターをT社から受注することができました。その際、三栄商事経由でこの設備を納入することにしました。これはグループ会社としてのシナジーを意識したもので、それまでT社への設備納入実績がなかった三栄商事にとってもその後の設備導入に道が開けるということでこの選択をしました。
しかし、T社への設備納入は非常に煩雑で、様々な独自ルールがあり経験のない会社にとっては想定以上にハードルの高いものでした。それでも三栄商事の担当のSさん、TOHOメンバーはあきらめずに取り組み、大小たくさんのトラブルもあったものの最終的には無事に納入することができました。
経験がないことへのチャレンジは多くの困難が伴いますが、それを乗り越えることで自身の成長にもつながりますし、お客様からの信頼も得られるのだと思います。

 
《該当する行動理念》
6.新たなことへ常にチャレンジし、自分自身を成長させよう。
7.あきらめずに最後までやり抜こう。

以上の2件です。

まとめ

今回は昨年トーホーエンジニアリングが取り組んだ2つの大きな仕事について取り上げました。グループ会社ではまだ経営理念の浸透活動に取り組んでいませんが、こうして振り返ってみると、出向メンバーがいることもあり行動理念に沿った行動ができていることが多く見受けられました。
今後はグループ会社にもこの浸透活動を広げて、三栄商事グループ全体で同じ方向を向いてこの厳しい状況を乗り切って行きたいと思います。

DSC08635

新型コロナウイルスの感染拡大で激動の年になった2020年も残すところあと2ヶ月となりました。世界中の国や企業、様々な組織が先を見通せない中、どう対応すればよいのか決断を迫られるという状況が続いています。
そんな中、三栄商事では昨年から社長が社員と対話をしながら行動理念やビジョンなど経営理念の理解を深めてもらう「わくわく教室」を継続しています。途中からZoomでの開催となり、参加者も増えていることから行動理念の理解も徐々に深まっていると信じていますが皆さんいかがでしょうか。

実は行動理念やビジョンというものは今のような変化の激しい時代にこそより重要となるものです。皆さんが日々の業務、営業活動に取り組む中で新しい状況に直面し、判断、対応しなければならないときにその判断の指針や道しるべとなるからです。
ぜひそのような視点を持って、今後のわくわく教室に参加してもらえると嬉しいです。

先月は社長がグッドアクションを紹介しましたので、今月は私が見つけたグッドアクションを紹介します。

1.部署や会社の垣根を越えて助け合える社風

ある部署で、中国で機械を立ち上げる案件があり、中国への渡航が難しいことからオンラインで行うことになりました。私が代表を務めるトーホーエンジニアリング(株)でも、直近で似たような案件が入っていましたので、とても興味を持っていました。
当日、A主任から声を掛けてもらい、グループ会社という立場ですが、関係する社員がオンラインでの立ち上げの様子を見学させてもらい、注意点などの話も聞くことができました。部署や会社の垣根に縛られることなく、声掛けしてもらえたのは嬉しかったです。

《該当する行動理念》
2.誠実で思いやりのある対応を心がけよう。
3.常識にとらわれず、お客様に最適な提案をしよう。
4.チームワークを尊重すると共に、良きライバルと認め、切磋琢磨しよう。

2.どうしたらできるかを考える

システム関係を担当しているB課長代理は、SFA(営業支援システム)の活用にあたって様々な質問や要望が出てくる中、仕様上の問題ですんなりできないことが発覚したときでも、必ずどうしたらできるか、他に手段はないかを考え抜き、諦めることなく代替案を考えて提示してくれています。

《該当する行動理念》
5.「できない理由」を言う前に、できる方法を考えよう。
7.あきらめずに最後までやり抜こう。

3.誠実な対応

採用担当のC主任は、学生との接し方が常に誠実だと感じました。何名かの採用面接に同席した際に気がついたのですが、多くの学生を相手にする中で抱えている業務が忙しいときでも雑にすることなく、一人一人しっかりと向き合い、丁寧に対応していると感じます。

《該当する行動理念》
2.誠実で思いやりのある対応を心がけよう。
8.お客様、仕入先様に対して、礼儀礼節をもって接しよう。

4.RPAの積極的な活用

経理のD主任はコロナ禍で交代勤務を実施する中、短い在社時間でも業務が進められるよう効率化するためにRPAを導入しました。その後も活用の幅を広げ、今では部署内のルーティン業務を10個以上、クリック一つで済むように業務の効率化をしています。これにより人為的なミスもなくなり、時間的にも大幅に削減することができました。

《該当する行動理念》
5.「できない理由」を言う前に、できる方法を考えよう。
6.新たなことへ常にチャレンジし、自分自身を成長させよう。

まとめ

私が総務部長を兼務している関係で総務や企画でのグッドアクションを多く取り上げましたが、三栄商事の行動理念は営業部門、間接部門に関係なく当てはまるものだと思いました。これはアシスタントの方も同様に当てはまるものだと思います。全社員がこの行動理念を理解し実行することで、全社一丸となって同じ方向を向いて、この厳しい状況を乗り切って行きましょう!

DSC08055


↑このページのトップヘ