三栄商事 後藤正幸社長のわくわく教室

名古屋の老舗機械商社の三栄商事(株)代表取締役 後藤正幸の社長塾ブログです。

「SAN-EI わくわく チャレンジ」をベースに、三栄商事の未来について一緒に話し合いましょう!

タグ:切磋琢磨しよう

社長:おはようございます。
今回は自分以外の人が話を回していくこともトライしてみたいと思って、今日はAさんに進行をお願いしたいなと思います。じゃあAさん、宜しくお願いします。

社員対談 「チームワークを尊重すると共に、良きライバルと認め、切磋琢磨しよう」

DSC09850-2
Aさん:皆さんおはようございます。さて、始めていきます。まずはBさんから。

Bさん:僕の所属する課では、課内同行にすごく力を入れています。具体的には、他のお客様が何をやっていてどんな設備があるかっていうところを見に行って、それを自分が担当しているお客様に展開できないかっていうことをやっていまして、それがチームワークにすごく繋がっているんじゃないかなと思ってます。見に行く側もそうですけど、連れていく側も、こういう設備が他のお客様で使えるんじゃないか等と、色々考えて同行先を決めていたりするので、他の課で展開できるかは分からないですけど、チームワークという部分では、かなりできているんじゃないかと思っています。

Aさん:他にもやってみたいなという人はいるんじゃないかなと。

Bさん:今は課内だけですけど、ゆくゆくは課を超えたメンバーと一緒にできたらいいなと思っています。

Cさん:実際にやってみて役に立ったなと思う時はあるんですか?

Bさん:そうですね、僕自身PRがすごい苦手で、商材探すのも苦手だったんで、工場の中で商材が見つかるのもいいですし、考える癖がついて、提案営業が徐々にできるようになってきたっていうのを感じています。

DSC09915
Aさん:じゃあ次Cさん行こうか。

Cさん:僕の部署は一つのお客様を数名で担当してるというところもあると思うんですけど、立会いや打合せ、納品等を代わりに他の担当の方に行ってもらったりすることが頻繁にあって、チームワークという部分で言うとそういうところで助け合えてるんじゃないかと思っています。

Dさん:ほんとに僕もほぼ一緒で、お客様がけっこう遠いっていうのがあって、なかなかスケジューリングが難しい中、課のメンバーが代わってくれたり、そういったチームワークは僕の課にはあるのかなと思うんですけど、ライバル意識っていうのは正直感じられていない部分があって、どういうのがライバル意識なのか、その辺をちょっと社長にもお伺いしたいです。

社長:さっきDさんが言ってくれたみたいに、チームワークとか助け合いってけっこう課を超えてでもやれてるんじゃないかなって感じているんだけど、仲良くなった反面、そのライバル視とか切磋琢磨というところが新たな課題として出てきてるんじゃないかなと思っています。会社としては、あいつ頑張ってるから俺も頑張ろうっていう競争心みたいなものを感じてもらえる環境を作っていかないといけないなというのが最近思ってる課題です。さっきのBさんの課内同行の話でも、後輩の方が知識があったとしたら、こいつには負けないとか思うんじゃないの?

Bさん:そうですね、そもそも僕は工作機械の販売経験があまりなかったのですが、課のメンバーはそういう知識があったんで、ちょっと頑張ろうと思って、今一生懸命勉強してるところではありますね。

DSC09862
Aさん:後輩とか同期とかにライバル意識を感じることある?

Bさん:ライバルという意識はあんまり持ったことないですね。

Aさん:僕も同期をライバルと思ったことはないですね、同期が活躍したら素直に嬉しいと思うぐらいしかないかなと。

Dさん:いいのか悪いのか分からないんですけども、近い世代が頑張ってる、数字が伸びてる、だから俺も頑張らなきゃって思うライバル心って、うちの会社の中じゃあんまりない気がする。

社長:一個すごい自分の記憶に残ってるエピソードがあって、「新しく担当になった時にお客様から前任者に電話があることがすごい悔しい。自分に電話が来るようにしていかないと自分の存在感がなくなる。」っておっしゃってた方がいて、それもある意味ライバル関係なのかなって思う。

Cさん:ライバル意識をどうやったら芽生えさせれるかですよね。チームワークはいいのかなという気はしてますが…

社長:今、当たり前に「チームワークができてる」って言ってくれることがすごく嬉しいなと純粋に思ってます。自分が入社した時って、お互いを助け合う雰囲気が全然感じられなかったんですね。例えば部長も課長も自分で担当を持ってたし、その部署内の担当がどんなことをやってるのか知らず、皆バラバラだったんだよね。今はお互いを思いやれているっていう風に言ってくれてるけど、こうなるのにやっぱ10年ぐらいかかったんだよ。だからすごく嬉しいなっていうのと、それが会社の文化として根付き始めてきていたのかなと思う。その段階になると、次のステージとして、ライバル意識の部分を取り組まないといけないんじゃないかなと思いました。

DSC09925
Aさん:どんなことをしたら切磋琢磨というか、自分も頑張らなきゃみたいに思えると思う?

Bさん:さっきの課内同行とか、どこにPRして何を持っていったか等をエクセルで管理してるんですけど、そういうところで課の後輩達がきちんと入力して管理できていると、僕もしっかり頑張らなければいけないなという風には思いますけど。

Aさん:僕たちの部署は、課内同行がないよね。

Dさん:ないですね。困った現場に顔出して頂いたりとかはありますけど、一緒に同行っていうのは無いですね。それこそ、Cさんとも1年目の時ぐらいから無いから、緊急事態宣言がよさそうな空気になって、時間ができたら行きたいですね。

Cさん:そうですね。

社長:今のもBさんに課内同行などの話をしてもらったことによって、こういう風にやっていくといい部分があるよっていうのが分かって、Aさんたちの課ももっと良くするためにはどうすればいいんだろうと考えて、一回自分たちも課内同行やってみようかという流れになっていったのも切磋琢磨っていうところに繋がってると思いました。そうやって共有していけるっていうのはいいなって聞いてて思いました。

DSC09912
社長: zoom参加のメンバーはどうですか?

Bさん:Eさんお願いします。

Eさん:自分が担当時代だったときは、数字で後輩に負けたくないなという意味で良い意味でライバル心を持っていました。後輩が稼いでると、自分も頑張らなきゃなとやっていました。もう一つは前任者より頑張りたい、負けたくないという気持ちでやっています。前任者を尊敬しつつ、それに負けないように、前の人の方が良かったとならないようにしたいなというのを心がけています。

Aさん:ありがとうございます。僕もそういう気持ちはなくはないです。前任者に対しても後輩に対しても、全然僕も持ってると気付きました。

DSC09939

まとめ

というところで、ちょうどお時間が来ましたので、今回のわくわく教室は以上となります。

おそらく皆さんもチームワークはできてると思います。なので今回私たちのわくわく教室を聞いて「良きライバルと認め切磋琢磨しよう」を意識して、何ができるだろうということを考えて頂ける機会になればいいなと思います。
ありがとうございました。

DSC09942

おはようございます。
時間になりましたのでスタートします。

今月のテーマは、「チームワークを尊重すると共に、良きライバルと認め、切磋琢磨しよう」ということで、Aさんからお願いします。

DSC09607

社長×社員対談 「チームワークを尊重すると共に、良きライバルと認め、切磋琢磨しよう」

Aさん:切磋琢磨というと、形に見えるところでは月末の数字集計しかないと感じていて、お客様も担当ごとに全然違う中で、同じ土俵じゃないとフェアじゃないんで、うちの会社で当てはめようと思うと話が難しいなと感じています。

社長:確かにそうだけど、数字だけが全てじゃない。ライバルっていうと数字で負けないようにっていうのが先行になっちゃうと思うんですけど、ライバルというのが課・それぞれの数字の競争であり、お互いが上がっていくことによって、会社の目標達成できるっていうイメージなのかな。

Bさん:「チームワークを尊重するとともに」っていうのは競争原理っていうのを言いたいわけじゃないんですよね。

社長:「チームワーク」っていうのは捉え方が難しくて、ただ仲良くなればいいっていうわけじゃない。世代の違う人たちでいろんな話をできる環境を作りたい、という思いが入社当時からずっとあって、若手会議を始めました。

今では社員同士が休日に個人的に遊びに行ったりするのが当たり前になってきた反面、仕事でも上手くやっていければと思い、このテーマを考えました。仲良しグループではなく、チームワークがある中でライバル心を燃やして切磋琢磨しようというところを出したかったんです。

DSC09583
社長:Cさんどうですか?

Cさん:前に所属していた部署の活躍というのは自分の中で意識しています。部長のEさんから「どこどこのお客様が忙しいよ」「この機械を販売したよ」と情報が入ってくるたびにすごいなと感じています。自分が担当しているお客様で似た案件もあるので、取りこぼさないように頑張ろうと思いました。

社長:そういうの良いよね。Eさんが2つの課を担当している一つの効果なのかなと思います。なんとなく頑張っているんだなと思って終わるのではなくて、「自分たちが勝ってやろう」という思いが芽生ればいいかなと思います。

あとはそのためにどうすればいいか担当者同士が話をするとか、そういう関係になっていくといいかな。営業所の人たちとはどうしても距離があったので、Zoomなどを利用して、一緒にチームとなって少しずつでも距離が縮んでいけばいいのかなと思います。

DSC09669-1
社長:Bさんどうですか?

Bさん:「良きライバルと認め切磋琢磨」というのは難しいので「チームワークを尊重すると共に」ということで考えました。今まで「自分だけで考えてやらなきゃダメだ」という思いがすごくあったのですが、最近は自分の経験だけじゃなくて、上司などの詳しい人からもらったアイデアを工夫して織り交ぜていってるんですけど、それがチームワークになってきているかなと思って仕事しています。

社長:今までだとBさんの部署のナンバー2と3の二人のコミュニケーションがなかなか見えなかったんだよね。でもここ最近、二人が情報交換したり、お互いに情報共有していると聞いたので、そういうことが進んでいくといいなと思って話を聞いてました。

点と点の情報が少しずつ繋がっていくと線になって、それが面になって広がっていくというのを作っていけると、会社としても「チームワークを尊重すると共に良きライバルと認め、切磋琢磨しよう」という世界が実現できるんじゃないかなと思います。仕事を通じて情報交換できるようになっていけると会社としてのレベルアップにもつながっていくと思うので続けていってください。

DSC09616
社長:では大トリのDさんお願いします。

Dさん:今期は新入社員のメンターをやらせていただいているんですけど、結果的にチームワークを感じるようになったなと思っています。最初は自分が新人だったころに教えてもらったことや、自分で考えてきたところを伝えなきゃということで精一杯でした。

僕自身がチームワークを感じるようになったのは新人とメンターが集まる月1回のミーティングです。会の中で育成の進捗を共有してるんですけど、どうしたら育成を良くしていけるのか、気づきがあれば次からこうしよう、と。育成は抽象度が高いと思うのですが、成長度合いが見て取れるので、本人にも一緒に成長を感じてもらえています。

社長:成長度合いの見える化というのはどういうところ?

Dさん:チャレンジシートと同じ評価基準を取り入れたんですけど、先月はB評価だったのをどうやってA評価にしようとか、毎回自分たちで設けてやっています。それで初めの頃と比べると、できなかったことができるようになり、任せられるところまで成長したと思いますし、僕自身もいろいろ教えてもらったこともありました。

社長:そこの置き方というのが難しいよね、何がAで何がBなのかっていう、そこがノウハウというわけではないけど置き方がすごく重要だと思う。それがしっかりと置けているから、次こういうことやれるようにしようとか段階を踏んでやっていけるかなと。

DSC09636
Bさん:僕と同じ部署の二人も同じようなタイミングで異動してきて、それぞれの仕事を見て刺激し合っていて良いです。その様子を見てるとこっちが心地いい、やりがいを持って一生懸命やってるなと感じられます。

社長:本人がやらされている感でやっているのか、決められてるからやらなきゃと思ってトライしているのかで受け取り方が変わってくるかと。Aさんのプロセスシートの評価の仕方ってAさんなりの基準があるよね。議事録が取れるようになるとこれくらいのレベルとか、できてる・できていないというのを置けてる気がする。

Aさん:基本的に心がけているところは、相手をわかっているかどうか、自分が理解しているかどうか。そこがわからないまま説明すると、相手に「この人何言ってんだろう」と思われてしまうので、そこは基準を決めて「これができてるからよかったね」「これができていないから頑張ってね」と置くと言われる側もわかりやすいかなと。自分ができないことに関しての評価については自分を棚に上げて「申し訳ないけど」と付け加えます。その一言がないと言われる側は、なんでAさんはできないのに自分だけ言われるんだと思うだろうから。

社長:棚上げって大事なんだよね。その一言があったほうがいいと思うんだけど。自分にできないことを言えないとなると自分以上になってはいかないよね。ここはやっていこうね、僕もやってくようにするからと伝えていけるといい。

Aさん:できないことはないと思います。自分の中でやらないと思ってるだけで、やる気になればできる。

社長:やる気になればできるっていうのは、それぞれ個性があると思うんですよね。自分の得意不得意があると思うんですけど、得意な部分を伸ばしていくべきだと思う。不得意な部分に関しては人並みにできればいいかなと。お互いに足らない部分を助け合うという環境を作れるといいかなと思っています。補い合って、結果としてプラスになればそれでいい。そういう関係を作っていくというのはいい方法かなと。

DSC09677
Bさん:良きライバルで思ったのが、私の周りには本音ベースでフィードバックをしてくれる人がいます。それで自分の得意なこととか、人から見たギャップとか、すごく気付かされる。そういう気付きを言い合える関係が三栄商事にはあって、いいなと思ってますね。

社長:それを言うことで悪口を言われたって受け取る人には言えないけど、フィードバックとして捉えてプラスに変えていってほしい。受け取る側もフィードバックとして捉えられるようにしていくべきだし、言う側も自分はできてないけどこうしたほうがいいよというコミュニケーションが取れてくるといいかなと思います。

Bさん:そこが良きライバルだから言い合えるとか、コミュニケーション・信頼関係とかで受け取れる関係性が三栄商事にはあるかなと。本音だったり、冗談交じりで言えるっていうのはステキな環境だなと思います。

DSC09666
社長:Cさんはどう思う?

Cさん:指摘を受けるとその時はショックを受けたり悲しくなったりするんですけど、そもそも相手に興味なかったらそういうことも言わないと思うので、意識してもらえているんだなと思えるので僕は悪くは思いません。

社長:そういうことを口にすることがすごくいいことだよ。Cさんがそう思ってるなら周りがCさんに対してフィードバックできるようになるので、そういう発信もしていくといいかなと。素直に聞けるというのが自分を成長させていくうえで大事なことの一つ。お互いが素直に言い合える環境というのは、良きライバルと言える関係なのかなと。

DSC09604

まとめ

ちょうど時間にもなったので今週はこれで終わりにしようと思います。
わくわく教室と、巷で流行っているclubhouseの仕組みは似てるなと思います。勝手に参加者がいろんな話をしていて、それを聞いている人が良いなと思うことの要素を取り入れてもらったり、一人の発言に対して気になった人が聞きに行けたり、そういう環境を作っていくことができればわくわく教室もプラスのステージに上がっていけると思ってます。

以上で終了します。
ありがとうございました。

DSC09686

↑このページのトップヘ