Aさん:今日は社長が不在ということで、私がファシリテーターを務めさせていただきます。今日のテーマは「新たなことに常にチャレンジし、自分自身を成長させよう。」です。よろしくお願いします。

DSC01699

社員対談 「新たなことへ常にチャレンジし、自分自身を成長させよう」

Aさん:では、Bさんからお願いします。

Bさん:8月に今の部署に異動してきて、新しい案件ばかりでまだ全然慣れない状態ですけど、どうにか1つずつやっていってるって状況です。「自分自身を成長させよう」という面では、自分のすぐあとに異動してきたCさんの存在が刺激になっています。近くで見えるところに、同い年でほぼ同じ時期からスタートしている彼がいるので、ライバル意識を持って仕事できています。

Aさん:仕事に慣れてくると挑戦する意識がなくなっていくと社長が以前言っていました。新しい環境とか、同じレベルで頑張っている人を見てチャレンジしようということですね。

Cさん:そう思ってもらえてうれしいですね。僕もBさんと同じで今の部署に移ってきたことが新しい挑戦でもありますし、そもそも前職が全く違う業種だったので工作機械の業界に入ったこともチャレンジだと思ってます。今は先輩から引き継いだ案件が多く、受け身の姿勢になりがちですが、自らお客様に商材をPRして定期的に購入していただけるような営業マンになれるよう今後チャレンジしていきたいです。同期のDさんからもお客様に商材をPRして話をいただけているという話を聞いたので、Bさんや同期たちの頑張る姿を見てチャレンジしていきたいなと思います。

Aさん:経験を積めば積むほど慣れが出ると思うので常に自分自身に刺激を与えて頑張ってください。

DSC01665-2
Aさん:Dさんどうですか。

Dさん:今からチャレンジしようって思っていることがあって、ちょうど昨日お客様からある製品を紹介してほしいっていう依頼が届いて、これまで仕入先様との打ち合わせを開いてほしいっていう要望はあったんですけど、今回初めて自分で調べてベストだと思う製品をPRしてほしいとご依頼いただきました。まず自分の力で考えてやってみて、それから他の方の意見もヒアリングして、自分が出した答えと照らし合わせながらより良い製品をPRできたらいいなと考えてます。

Aさん:お客様にそうやって直接依頼してもらえると嬉しいですよね。

Dさん:はい。こんな話いただけるんだと思いました。徐々に信頼関係が築けているのかなと思います。

DSC01675
Aさん:Eさんお願いします。

Eさん:私自身いいお客様を担当させてもらってますけど、なかなか引き合いをもらえていないという課題がある中で、上司の方から付きっきりで設備についてご指導いただいています。案件の進め方などを教えていただき、経験を積んで、すごい勉強になります。今の営業スタイルや考え方の違いなど、自分の中でいい変化もありますが、いろんな障害にぶつかることもあって、トータルで成長できているのかなと実感してます。

Aさん:案件の進め方というところで発見とか気づきがあるんですね。

Eさん:発見ばかりですね。具体的に僕が担当するお客様からはほとんど設備案件はないのですが、お客様としては加工機を買われてる実績もあるので、そこを攻めようっていう目標があります。でも、攻めるといっても人脈もないし、どうやってコンタクト取っていいか分からない。そんな何やればいいか分からない状態で少しずつ人脈ができて、会ってもらえるようになって、いい経験させてもらっているなと感じています。ただ目標はそこじゃなく、注文をいただくということですから、その進め方としてはまだまだですね。

Aさん:そこに気づくまで通い続けるのってすごく大変ですよね。

Eさん:僕がいきなり初めましてって行ってもなかなか会ってくれないですが、「上司も一緒に行きます」と言ったら時間を取ってくれます。そういうことの繰り返しですね。
初めて会うお客様にとっては最初の引き出しがすごい重要かなと感じています。第一印象でメリットのある人だと思われないと次回以降会ってもらえなくなってしまうと思うので。

DSC01683-2
Aさん:確かに、僕も営業をしていたときは、特に何もなくてもお客様のところに行ってみたりしてたんですけど、総務としてモノを買う立場になってみると、何もなく営業に来られると正直鬱陶しいと思ってしまうこともあります。でも話が上手い人もいて、テクニックって必要なんだなと気づきました。

Eさん:年齢もあると思うんですけど、若い子だったら元気なだけでお客様もかわいがってくれると思うんですけど、30、40歳になるとお客様からしたら「知ってるよね」っていう感覚なので、訳のわかんないことを言ってしまったらその人と話しても意味ないなと思われてしまうと思います。自分で言うのもなんですけどそこは経験して成長できているのかなと思います。

Dさん:僕はまだ知識が全然ないので、とりあえずお客様のところ行って顔を覚えてもらうっていうことをしています。徐々に年を重ねるに比例して知識も蓄えてくると、1回の訪問にもしっかりと中身を詰めていかないといけないと、改めてEさんのお話を聞いて思いました。

Aさん:知識だったり、お客様にどんなメリットを感じてもらえるのかっていうのを考えていかないと、今通用していることも通用しなくなっていくのかなと思います。

DSC01687
Aさん:Zoom参加の方にも聞いてみましょう。どなたの話が聞きたいですか?

Eさん:Fさんお願いします。

Fさん:僕も2年目になり日々挑戦なんですけど、特に今は決算に向けてPRし、数字が達成できるといいなと思っています。お客様が喜ぶことを自分で調べてPRしていけたらなと思います。

Aさん:他に聞いてみたいは人いますか?

Bさん:Gさんお願いします。

Gさん:1年目の時はお客様に顔を覚えてもらうようにとか、色々と考えて工夫してやっていたんですけど最近はできてないですね。お客様からも「こうしてほしい」という提案が多くなってきて、そのことで今は精一杯のところがあるので、今回のわくわく教室を見て初心にかえらないといけないなと思いました。

Aさん:僕も同じフロアでGさんが頑張っているのをよく見るんですけど、努力を続けていけば成長できると思うので、頑張っていただければと思います。後輩に教えられるような知識を身につけてください。

DSC01712
Aさん:あと一人くらい、どうですか。

Cさん:Hさんでお願いします。

Hさん:これから2つの部署を見ていくことになるということで、毎回部署が変わるごとに初心にかえってやらないといけないなといつも考えています。現場の方たちのほうが知識は持ってるんで、それをフォローしたり、前任の方の仕事をうまく引き継いでいこうかと考えています。分からないこともあるんですけど、皆さんに協力していただきながらやっていこうかと思います。

Aさん:僕も指導する立場になったので、手探りなんですけど、立ち居振る舞いや発言の仕方とかに関して本を読んでみたり、最近意識して心掛けたりしてます。Hさんもそうだったんですけど、経験年数が多い方でも日々挑戦して自己成長させるっていうのをやっているので、それぞれのフィールドでできることを意識して仕事に励んでいただければと思います。

以上で終わりたいと思います。ありがとうございました。

DSC01723