三栄商事 後藤正幸社長のわくわく教室

名古屋の老舗機械商社の三栄商事(株)代表取締役 後藤正幸の社長塾ブログです。

「SAN-EI わくわく チャレンジ」をベースに、三栄商事の未来について一緒に話し合いましょう!

おはようございます。時間になったので始めさせてもらいます。

DSC01741

今日は皆さんに「商権や業界のルール、世間の常識、経験、先入観に捉われず、お客様の悩みの本質を理解した上で最適な提案をします。」という議題でお話しさせていただこうかなと思っています。

前回の社長ブログの中でもお話しさせてもらったんですが、せっかくわくわく教室という名前をつけているので、何かわくわくするようなことをしていきたいな、と。まずは自分がわくわくした体験というのをお話しすることで、少しでも伝わるかなと思うので、最初5分くらい使ってその話をさせてもらいたいな、と思っています。


これがドンピシャで業界のルールとか世間の常識とかに当てはまるわけではないんですけれど、昨日Queue(キュー)とテレビ会議で1時間半くらい、blue assistantについて話させてもらったとき、それがすごく楽しかったんです。

何が楽しかったかというと、blue assistantっていうものが世の中に出たときに、「世界がどう変わるか」っていうところを話したんですね。

DSC01733

世界から見たら日本はモノづくりの国

自分自身もそこを明確に描けているわけではないんですけども、今回もともとこれをやろうと思ったのは、モノづくり業界に対して「この業界で働きたい」「働いたら楽しい業界だ」って少しでも思えるようになればいいなっていうのが、ホントに最初のキッカケだったんです。

現状は「入りたい会社ランキング」で上の方にモノづくりの会社が来るかっていうと、ほぼないと思う。子供に至ってはユーチューバーとか、サッカー選手とか。学生を見ても、あまりモノづくりとは直接関係のない会社が上位にあがってきているのが現実なのかなと。

AIに出会って、そのAIで何かできないかなって思って、今回のblue assistantができたんです。そのblue assistantで何が変わるのかって言ったときに、例えば数字が読めるようになる、文字が読めるようになる、その図面から立体が描けるようになったら、その形が目に見えるようになったら、と考えてみると、それってモノづくりのなかですごい改革なんじゃないかな?っていう可能性が十分にあると思うんですよ。

今はシンプルな図面探しなんですけど、図面っていうものを軸に、日本のモノづくりをもうちょっと発展させていくことにつながればって思っています。

日本のモノづくりっていうのをもっと発展させていかないと、今後日本がモノづくり大国であり続けられるかっていうとクエスチョンかなと。ただ、働き方改革とか、業界が変わっていくことで、若い人たちがそこに入りたくなると思うんですよね。そんな世界が作れないのかな?っていう話を昨日ずっとしてたんです。

DSC01746_2

「図面の見える化」から見える提案のカタチ


図面ってただ単に形状を表しているものではなくて情報なんです。そこに入っている情報をどのように活用していくのかっていうところがノウハウだと思うんです。だからまずは入っているものを見える化するってことが、すごい重要なんじゃないかなという風に思っています。

図面の見える化というのは、世間の常識という観点から言えば、今まで考えたこともなかったと思います。

3D図面では、実際の形が見えたり、干渉が見えたりすることがメリットですが、モノづくりの現場で精度や条件を見るうえでは2Dの方が使いやすいと思うんです。だから2Dが残っていると思うんですけども。例えば2Dの図面を読み込んで、それがそのまま3Dにできるという風になれば、何か変わるんじゃないのかな、と。


上手にまとめきれていないんですけれど、「こうなるんじゃないのかな」「世界がこんな風に変わっていくんじゃないのかな」っていうことと、今やっていることがどうつながっていくのかっていうことを話しているのがすごく楽しかったんです。

「こうあるべき」というものをベースに仕事するっていうことから一歩踏み出して、お客様が思っていなかったことをこちらから提案するとか、「そんなこと、この業界じゃ有りえない」っていうことを突っ込んでいくことが、仕事の楽しさにつながるんじゃないかなと。

これは人によって全然違うと思います。自分は昨日そういう話をしているなかで、「こういう風になったら面白いのかな」「こうなったらいいな」ってことを頭の中で考えていることがすごく楽しかったんで、それを共有させてもらいたいなと思ってお話ししました。


皆さんの中でも小さなそういう経験って多分あるんじゃないのかなって。前の先輩はこういう風にやっていたけど、自分は別の方法でやったらうまくいったとか。うまくいかなかったこともあるかもしれないんですけれど、それをトライしてるときって結構楽しいんじゃないかなって思うんですね。

「こうあるべきだ」っていうものをレールに乗っかってやるんじゃなくて、それからちょっと外れた形で何か自分で提案する、考えるっていうことが楽しいのかなと思うので、そういう経験を思い出してもらって、それぞれのグループでシェアしてもらえますか。ボードを持っている人がファシリテーターでお願いします。

社員からの質疑応答と各グループディスカッション


DSC01749

DSC01761

DSC01768

DSC01754
ありがとうございます。

最後のまとめ

今ちらっとしゃべっているのが聞こえてきて、「そうそう」と思ったのが、「ダメもとでも提案する。いいかどうかを決めるのはウチではなくお客様なんだよね。」っていうのも当てはまると思うんです。

今までは、商社である我々の経験からすると、「こんなことってお客様は採用しないよね」って三栄商事のルールの中に縛られちゃっているのかなと。でもそれって本来お客様が決めることなんだから、まずはダメもとで提案するっていうのがすごく大事なんじゃないかなって思います。

なのであまり行動理念を重く捉えずに、一つの指標として意識してやっていくことで、最終的には会社の成長に繋がったり、「三栄商事ってこういう会社なんだ」っていう風になるんじゃないかなって思いました。

では9時になりましたので、以上で終了させていただきます。ありがとうございました。

DSC02049

今回は『わくわく教室』について考えてみました。70期を迎えるにあたって、過去を含めて見直し、将来に繋げる新たなスタートを迎えたくて、経営理念の再構築、ミッション・ビジョンの設定、人事理念、行動理念、基本方針を策定しました。ここまでは外部の力も借りなんとか形にすることが出来ました。

ただ、ここからが本番でどうやって社内に理解してもらえるかが一番大切なことであり、課題でした。前職で経験のあった社員にも相談に乗ってもらい、一つの取り組みとしてこの『わくわく教室』が始まりました。

30分という短い時間でどうやったら有効な時間にできるか?楽しんでもらえるか?自分の考え方を伝えられるか?自分なりに考えてみて試行錯誤しているものの正直まだピンと来ていません。でも先日ある社員からの一言で自分は大事なことが抜けていたんだなと気付かされました。その一言は『わくわく教室って全然ワクワクしないんです…』でした…

『わくわく』を辞書で調べてみると、「期待や喜びなどで、心が落ちつかず胸が騒ぐさま」とあります。自分も含め、わくわく教室ってうたっているのにワクワク出来てないし、させてなかったんだって気付いた時はショックでした。多分、社員の前でカッコつけようとして、わかっている風な事を話していたら想いが伝わらないのは当然ですよね。

で、まずは自分がワクワクするような事をしようと決めました!自分のワクワクが社員に伝われば、理解してもらえると信じているし、そのことが少しでもキッカケになって行動が変わってこれば、周りから感謝されるはず!そうすれば社員の幸せに繋がっていくはず!だという事を信じて、明日から行動を変えてみようと決めました。

なんだか自分の決意表明みたいになってしまったけど、ブログも始めてのトライなので、試行錯誤で頑張って行きます!!

DSC01031


時間になったので始めます。みなさん、おはようございます。営業所の方、繋がっていますか?大丈夫ですね。ありがとうございます。

今、6回目。正直、どういうやり方が一番浸透できるのか、まだわからないです。ただ、色んなやり方を試してみたいなと思っていて、今日はスタイルを変えて行います。

DSC01013_2

本日の進め方

これまでは最初10分程、僕が話ているんですけど、今日はそれを止めてみます。それぞれのグループでシェアする時に僕も5分ずつ位、グループに入って一緒に考え話もします。その後に少しだけまとめの話をして、終わりたいと思います。

始める前に、ほんのちょっとだけ話をさせてください。

DSC00989

「今日、何を考えてほしいか」なんですけど。ブログにも書いたのですが、本当に小さなことの積み重ねで、誠実になっていくと思います。逆に言うと、ちょっとした失敗で今まで積み上げてきた誠実や信頼というのが一瞬にして無くなってしまうものなのかな、ということを改めて思いました。

なので、今日はそれぞれのグループで、「自分が誠実じゃない対応で失敗したこと」と、「他人、家族、社員、お客様、メーカー様、誰でもいいので、誠実な対応してもらって嬉しかったこと」、この2つを頭の中に思い浮かべて、一旦グループ内でシェアしていただきたいと思います。

今日は、ホワイトボードを持っている方の右隣が議事録、ホワイトボードを持っている方がファシリテーターを指名してください。よろしくお願いします。

対話タイム(各グループで話し合い)

DSC00998

DSC01028

DSC01046

(とあるグループ内にて)
誠実だと思って対応しているんだけど、それが不誠実だった、という風に相手が受け取ってしまうということはあります。遅刻なんかは最たるもの。遅れようと思って遅れる人って基本的にはいない訳です。先日、僕はこのわくわく教室に1回、遅れてしまった。その時は、自分自身とみんなに甘えてしまっていて、「大丈夫、いいだろう」と思ってました。

でも、指摘された時に「やってしまったな」と。理由は何であったとしても申し訳ない、と思いました。自分の行動を振り返ってみると、社内の予定よりも社外の予定を優先してしまい、優先した時に連絡を忘れてしまうことがあることにも気付きました。優先するのは仕方ないとしても、優先したタイミングで早く連絡をして変更しないといけない、と反省しました。それが社員に対しての誠実な対応の1つかなと思います。

DSC01053

一方で、嬉しかったことがあります。行動理念とか概念とかよくわからないと言っていたある社員が後輩とのミーティングの中で、「具体的にこういうことをやろう」と決めてくれました。その中の1つが、「納期に間に合わなそうだったら、途中で一旦お客様に連絡をいれる」ということ。これは行動理念に照らし合わせると、「誠実な対応」に当てはまると思うんです。行動理念がキッカケになって、具体的に行動に落とし込んでくれたようで良かったです。

締め

皆さん、いいですか?時間も時間なので、一旦、今の話で終わりにしていただいて。今日話した皆さんの内容を書きだすと時間がかかってしまうので、話が出たことをシェアさせてもらいます。

DSC01099_2

DSC01103_2

DSC01105_2

まずは、人間関係ができているか、できていないかで、誠実か不誠実かが変わってくるよね、ということが結構多かったような気がします。

それと、慣れてきてしまったときに、当たり前だと思ってやってしまうことが、逆に相手から見ると「不誠実な対応」だと捉えられてしまうこともあります。嫌がらせのため、相手に悪気をもって不誠実な対応をする人というのは少ないと思います。少なくとも、三栄商事の社員の中では、不誠実な対応をしようと思ってやっている人はいないです。誠実な対応、もしくは誠実な対応までいかないにしても、何気なしにやってしまうことが、不誠実に映ってしまうことの方が多いのかなと思いました。

DSC01084

今、「わくわくアワード」をスタートして、5Sで色々と集めてもらっていますよね。その内容を見ると、変な意味じゃなくて、凄いちっちゃいことが多いです。でも、その凄いちっちゃいことの積み重ねが、信頼関係を生んでいったり、誠実さを作っていくんじゃないのかなというのを、僕は改めて思いました。なので、そういう小さいことに、全部気を遣うのは無理かもしれませんけど、ちょっと頭の中に置いてもらうと、行動に移せるのかなと思います。

そして、行動が変わり、それが1年2年続いて会社全体が変わり、何となくいい雰囲気の会社になったりとか、何となくお客様との関係が良くなったりとか、結果に繋がってくると。これは間違いないと僕は信じています。なので、僕自身、頭の片隅において行動していきたいと思いますし、皆さんにもお願いしたいです。

DSC01093

最後に1つ、先日聞いた話を紹介します。「水に心がある」という話を聞いたこと、ありますか?

「水は心を反映するものだ」ということを研究している学者さんのお話です。コップを2つ用意して、水を入れます。1つのコップには「いつもありがとうね」とか良いことを1週間声がけします。もう1つのコップには悪口を言い続ける、というような実験をやります。それで水を凍らせると、ずっと良いことを言っていた方の結晶はキレイなんです。で、悪いことを言い続けた方の結晶は形が悪くなるらしいんです。

人間の70%は水分です。つまり、相手に感情が伝わるというのは、水が伝えているんじゃないかな、という仮説があるそうです。

525e1fb369d0538eda201e518a1c7657_m

来月からは、3つ目の行動理念「商権や業界のルール、世間の常識、経験、先入観に捉われず、お客様の悩みの本質を理解した上で最適な提案をします」です。営業の方は体に染みついていることだと思います。でも、体に染みついているからこそ、できないことでもあると思うので、少しだけ考えてもらうと良いと思います。

DSC01075

では、本日は以上で終わります。ありがとうございました。

※次回開催は10月4日(金)8:30~です。

↑このページのトップヘ